ゴッホの白薔薇

おや

ニューヨーク・メトロポリタン美術館の

フィンセント・ファン・ゴッホのコーナーにて

右端の絵が

↓↓↓

blog_import_64430e8d67b94.jpg

ゴッホ《花瓶の薔薇》(1890)

↓↓↓

blog_import_64430e8d993c5.jpg

そしてこちらが

ワシントン・ナショナルギャラリー所蔵

ゴッホ《静物:バラのある花瓶》(1890)

↓↓↓

blog_import_64430e8ee9d79.jpg

この白薔薇の絵は2枚とも

ゴッホが亡くなった年の

1890年に描かれています

ゴッホは

サン・レミの精神療養所で約1年間過ごし

そうして退所し

心身ともに安定した状態の時に

この2枚の薔薇の絵を描いたとされています

もっとも

その後亡くなってしまうわけですが

いずれにせよ

2枚とも

とても明るくて

力強い生命力に溢れています

白薔薇ですが

ほのかにピンクがかっていて

いやあ

美しいですね

うちの実家にて

白薔薇発見

お祝い事でした

おお

やはりピンクがかっていて

ゴッホの絵と同じだ〜

↓↓↓

blog_import_64430e8f53a7f.jpg

へぇ〜

しみじみ

おまけ

こちらも素敵です

↓↓↓