映画『ベニスに死す』

なんとなく芸術づいている今日この頃

久々の映画評です

イタリアの巨匠

ルキノ・ヴィスコンティ監督の代表作

1971年製作の

『ベニスに死す』

↓↓↓

IMG_9526.jpeg

いやあ

何を今さらって感じですよね

この映画とにかく大好きです

夏のベニス

療養のためここを訪れた

ドイツの老作曲家アッシェンバッハが

バカンスに来ていた少年タジオに心奪われ

終生追い求めていた理想の美を

彼に見出しつつも

この地に蔓延していたコレラに侵され

やがて死を迎える

言わずと知れた

ドイツの文豪トーマス・マンの同名小説の映画化です

何より

少年タジオを演じた当時15歳の

ビョルン・アンドレセンの

黄金色のまばゆい輝き

ギリシャ神話と少女漫画を足したような

性差の別を超えた

まさに美の化身

↓↓↓

blog_import_644269c1e9789.jpg

う~ん

同性愛者で知られたヴィスコンティは

アラン・ドロンやヘルムート・バーガーなど

多くの美男俳優を

こぞって自作に起用しましたが

このアンドレセンに至って

その嗜好は極まったと言えましょう

少年タジオを

理想の美への見果てぬ夢を

焦燥感に駆られながら追い求める主人公アッシェンバッハとは

他でもないヴィスコンティ自身

↓↓↓

IMG_9529.jpeg

少年タジオの美しさと対をなすように

醜く老いさらばえてゆく自分自身を

ダーク・ボガード演じる主人公に見立て

滅び行く者へのロマンチシズムと

冷徹なリアリズムの両極を

フィルムに刻みこみます

繊細極まりないダーク・ボガード

一世一代の名演です

コレラの蔓延と共に刻一刻と近づいてゆく

時代の暗い影と死の予感

そんな中で見出した一筋の光

少年タジオへの思いを募らせ

やがて死へと終息してゆく主人公の姿が

情緒豊かなベニスの街並みをバックに

そしてマーラーの交響曲第5番の官能的な調べと共に

静かにしかし力強く表現されていきます

この明確なビジョン

厳格な美意識に裏打ちされた世界観

↓↓↓

IMG_9525.jpeg

目を見張るべきは

美と醜の鮮烈なコントラスト

少年タジオが放つ

神々しいまでの光

アッシェンバッハの熱い視線に気づきながらも

誘惑とも挑発ともとれる眼差しや笑みを浮かべるタジオ

↓↓↓

IMG_9527.jpeg

う~ん

彼にはセリフも何も

演技すらも介在する余地はありませんね

また時代考証に基づいて忠実に再現された衣装や小道具類

母親役のシルヴァーナ・マンガーノの品位と優雅なふるまいも

タジオの美しさにいっそうの彩りを与えます

↓↓↓

blog_import_644269c949989.jpg

そして

そうしたの世界を引き立たせる

なる存在

老いに対する忌避から厚化粧を施し

結果その醜悪さを際立たせてしまう主人公

タジオに声をかける勇気もなく

ただ遠くから見つめるだけ

そんな己の愚かさに気づき

自嘲の笑いを見せつつも思わずむせび泣くアッシェンバッハ

う~ん

ヴィスコンティの自虐的なまでのリアリズム

また舞台となるベニスの街全体が

コレラに蝕まれていく様子たるや

ことの他醜悪です

映画の時代背景は1910年代のベニスであり

コレラとはやがて来たるべき戦争の黒い影

ファシズムの象徴のようにも取れます

またそうした不穏を表すかのように

白粉を塗りたくった老人や

コレラに侵され肩から崩れ落ちる人

奇矯な笑い声の道化の楽隊などが

至るところで映し出されます

そして

ラストシーン

太陽の光を一身に浴び

遥か彼方を指差し

海辺に一人たたずむ少年タジオ

↓↓↓

blog_import_644269cbe7361.jpg

この目を見張る美しさ

固定カメラで捉えた引きのショットが

観る者の記憶の中に

静かにゆっくりと染みこんでゆきます

その姿をこの眼に焼きつけ

やがて最期の時を迎え

崩れ果てるアッシェンバッハ

↓↓↓

blog_import_644269cd8f79c.jpg

まさに耽美の極み

ああ

何度観てもため息が出ます

いやあ

すっかり自分の世界に浸りこんでしまって

失敬失敬

それはそうと

さらに個人的な話ですが

数年前

新婚旅行でイタリアのベニスを訪れた際

この映画の主な舞台となった

ベニスのリド島まで

かみさんと二人で足をのばし

なんと

撮影場所となった

HOTEL「デ・バン」やあたりの海岸を実際に目にしてきました

↓↓↓

blog_import_644269d04b535.jpg

二人で

片言のイタリア語で人に聞いたりして

ようやく目的地のHOTELにたどり着き

そこから前の小道を抜けると

とたんに一面

海が拡がり

まさに『ベニスに死す』の世界が

眼前に

↓↓↓

blog_import_644269d2ed38c.jpg

行ったのが2月だったので

冬のベニスでしたが

いやあ

感激でしたね

HOTELと海岸をバックに

↓↓↓

blog_import_644269d4680a9.jpg

すっかり映画の世界に浸って興奮している

無邪気な自分がいましたね

楽しい思い出です

関連記事

  1. (株)第二営業部

    とても素晴らしい解説でした(^-^)
    一気に読み切ってしまいました。
    本当にこの作品が好きだという思いが、あふれるように伝わってきました。
    同時に、そんな沢山の視点から作品を楽しめたらいいなと勉強になりました、ありがとうございます。
    ベストスリーの、残り二本も楽しみにしております。

  2. チョー!

    >(株)第二営業部さん
    そうおっしゃって頂けるととても嬉しいです(^∇^)。
    また折を見まして…
    コメントありがとうございましたo(^▽^)o