映画『BELUSHI ベルーシ』

2020年製作のアメリカ映画

R・J・カトラー監督の

『BELUSHI ベルーシ』

↓↓↓

IMG_5421.jpeg

伝説のコメディアン

ジョン・ベルーシ(1949-1982)の

ドキュメンタリーです

その破天荒な暴れっぷりで

アメリカ・コメディ界に一大旋風を巻き起こし

俳優やミュージシャンとしても大成功を収めながら

人気絶頂の1982年に

33歳の若さで薬物の過剰摂取により急逝

↓↓↓

IMG_5419.jpeg

本作は

ベルーシの偉大な功績を

豊富なアーカイブ映像や写真で辿るとともに

その裏の

彼の知られざるナイーブな側面

のしかかるプレッシャーへの不安や苦悩を

高校時代からのパートナーである

妻ジュディスの自宅に保管されていた

音声テープや詩、ラブレターなどを通して紐解き

親友ダン・エイクロイドをはじめとする

関係者へのインタビューや

アニメーション動画などを通して

この稀代の怪物の光と影を

詳らかにしていきます

↓↓↓

IMG_5422.jpeg

ベルーシの駆け抜けた人生よろしく

映画も

アーカイブ映像や写真、音声が

洪水のように矢継ぎ早に映し出されます

あらためて

ベルーシの突き抜けたパワーと

彼の遺した足跡には

終始圧倒されっぱなしですね

まあ

僕のイメージでは

なんといっても

『ブルース・ブラザース』(1980)ですかね

↓↓↓

IMG_5418.jpeg

う〜ん

しかし薬物に蝕まれ

心身ともに悲鳴を上げていく過程が

映像や資料で映し出され

ベルーシの知られざる実像が

明らかになるにつれて

彼に対するパラダイムが

自ずと変わっていきますね

つくづく

華やかな栄光とともに

エンタメ界の巨大な渦中に呑み込まれ

嵐のような生涯を送った彼の短い人生は

底知れぬ資本主義社会の

負の側面を象徴しているように思います

↓↓↓

IMG_5423.jpeg

話は変わりますが

ベルーシを見ていて

ちょっとイメージがかぶる人がいます

ドイツの映画監督

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー(1945-1985)です

↓↓↓