映画『冬の旅』

1985年のフランス映画

『冬の旅』

↓↓↓

IMG_0816.jpeg

監督・脚本は

半世紀以上にわたって第一線で活躍した

“ヌーヴェルヴァーグの祖母”

アニエス・ヴァルダ(1928-2019)

↓↓↓

IMG_0798.jpeg

(主演のサンドリーヌとの一枚)

本作は

彼女の代表作の一本に数えられる

キャリア中期の傑作です

う〜ん

観終わってから

とにかくまあ

なんともショックで

戸惑いを覚え

しばらく

いろんなことを考えちゃいましたね

切なく

そして絶望的な映画

つくづく

自由って

こういうことなのかな

冬の寒い日

フランスの片田舎の畑の側溝で

凍死体が発見される

遺体は

モナという18歳の若い女だった…

映画は

このひとりの少女の

あてどもない孤独な旅の足跡を

彼女が路上で出会った人たちの

証言を交えながら

辿っていきます

↓↓↓

IMG_0825.jpeg

モナは

寝袋とリュックを背負い

ヒッチハイクをしながら

放浪の旅を続けるのですが

↓↓↓

IMG_0824.jpeg

彼女がどういった経緯で

このような日々を送っているのか

動機も何も明かされません

さらには

彼女が一体何を考えているのか

皆目わかりません

映画は

彼女の過去や内面を

掘り下げたりすることなく

冬の旅を続ける

彼女の苦難の道のりを

ただ淡々と映し出していきます

↓↓↓

IMG_0799.jpeg

道中で

いろんな人たちと出会い

↓↓↓