『アンドレアス・グルスキー展』

昨日ご紹介した

『アメリカン・ポップ・アート展』と併行して

なにやら不思議な写真ぽい展示会も

ここ国立新美術館でやっていましたので

ついでにそっちも観てきました

『アンドレアス・グルスキー展』です

↓↓↓

IMG_9957.jpeg

って

あくまで

ついでにチョロっと観て帰るつもりが

いやいや

とんでもない

なんなんだ

これは

久々に衝撃が走りましたね

写真なのか

絵画なのか

見たことない類のものです

グルスキーは

1955年生まれのドイツ人で

デジタル技術を取り入れて

すべてが等価に広がる

独特の視覚世界を構築し

国際的な注目を集めている写真家だそうです

ポスターの表紙にもなった

◎《カミオカンデ》

↓↓↓

IMG_9953.jpeg

一体なんだこの世界は⁈

無数にひしめいた球体が

静かにきらめいています

神秘的な空間

よく見ると

ボートに乗った人間も写っています

これは本当に写真なのか

この被写体となった場所は

なんと

日本にあります

岐阜県飛騨市の

神岡鉱山地下1000mに位置する

宇宙素粒子ニュートリノの観測装置

「スーパーカミオカンデ」という所で

直径、高さともに約40m

巨大な円筒形のタンクの

内側の写真なんだそうです

グルスキーは

この被写体をベースにして

まるで絵画を制作するかのごとく

CGを用いて加工していくのです

そうして出来上がった作品の

その深遠なる世界観

いやあ

なんともかんとも

巨大な写真の前に立つと

まず息を飲みます

ちょっと声が出ません

作品から漂う雰囲気が

あまりに厳かゆえ

静まり返ったような空気感に

自ずと包まれます

グルスキーは

素粒子の観測所に

まったく別の意味合いをもたらす

まさに

聖なる空間へと変えてしまいました

《ニャチャン》

↓↓↓

blog_import_644283595defb.jpg

ベトナムのニャチャンにある

籠細工の工場風景です

とにかく

そのスケールに圧倒されます

何より

広大な画面の隅々にまで

ピントが合っています

リアルであってリアルでない

う~ん

ある

隅々まで描写された絵画を観ているようです

《ベーリッツ》

↓↓↓

blog_import_6442835c10acc.jpg

何じゃこりゃ

目が痛いですね

ここはアスパラガス畑でして

遮光用の覆いの黒と畑の色が

コントラストを生み

異質な空間を形成

奥行きを排し

どこまでも平面を俯瞰する

さらには

反復を通して全体を成す

というスタイルも

大きな特徴のようです

《ピョンヤン》

↓↓↓