『ミケランジェロ展-天才の軌跡』

先日行ってきました

ただいま

上野の国立西洋美術館で開催中の

『ミケランジェロ展-天才の軌跡』

↓↓↓

blog_import_64428523f008d.jpg

ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)

こちらメトロポリタン美術館所蔵の肖像画です

↓↓↓

IMG_9945.jpeg

(…フルネームはじめて知った)

言わずと知れた

ダ・ヴィンチ、ラファエロと並ぶ

イタリア・ルネサンス期の三大巨匠のひとり

西洋美術史上

最も偉大

神のごとき

と称されたこの天才芸術家の

素描や彫刻30数点と

手紙などの関連作品を合わせた計60点が

今回一挙集結

いやあ

数ヶ月前のラファエロ展やダ・ヴィンチ展といい

今年はルネサンスの当たり年です

もうミケランジェロというだけで

何はさておいても

観とかなくては

あらためて

ミケランジェロといえば

ダビデ像などの筋骨隆々たる彫刻や

なんといっても

バチカン宮殿内の

システィーナ礼拝堂の天井画が

広く知られたところですが

今回は

これまた渋い作品が揃いましたね

主なところで

◎《レダの頭部習作》(1530年頃)

↓↓↓

IMG_9937.jpeg

数多い素描の中でも

傑作と謳われた作品です
《階段の聖母》(1490年頃)

↓↓↓

IMG_9938.jpeg

なんと

ミケランジェロ弱冠15歳の頃に

制作されたという

門外不出の

大理石の浮き彫りによる傑作

◎《キリストの磔刑》(1563年頃)

↓↓↓

IMG_9939.jpeg

死の直前に制作されたという

小型の木彫作品

晩年を迎えた大芸術家の

素朴な信仰心の一端がうかがえる

貴重な作品

他にも

独創的な建築素描など見どころ満載です

そして今回

システィーナ礼拝堂を

高性能カメラで撮影した映像が

本展に合わせて特別上映

◎システィーナ礼拝堂(1536-1541年頃)の

天井画

↓↓↓