船戸与一を偲ぶ

今から

かれこれ20年以上前になりますね

僕が大学生の頃

知人から本を一冊もらい

さっそく読み進めました

↓↓↓

IMG_0636.jpeg

って

なんじゃ~こりゃ⁈

(by優作風)

太陽のギラつく南米の異質な風土に

エッジの効いた登場人物たち

映画のようなビジュアルを

鮮明に想起させる

パワフルで躍動感に溢れた文章

う~ん

ブラジルの伝説的な映画作家

グラウベル・ローシャの

渇いた映像とフォークロア(風習・伝承)的神話性や

はたまた

ペキンパーの『ワイルドバンチ』にも相通じる

そのアナーキズムに覆われた独特の世界観に

大学生だった僕は

すっかり魅了されてしまいました

先月の22

冒険小説の第一人者

船戸与一さん

胸腺がんのため

71歳で死去した報を知

なんとも言え知れぬ感慨にとらわれた次第です

なにせ当時

一番最初に読んだ『山猫の夏』が

とにかく面白くて面白くて

それから他の作品も

貪るように読んだ覚えがありますからね

以下

タイトルから読んだ記憶がある本を

ザザッとご紹介

↓↓↓

IMG_0641.jpeg

IMG_0640.jpeg

IMG_0643.jpeg