『ボッティチェリ展』

先日

都内へ行ったついでに観てきました

上野の東京都美術館にて開催中の

『ボッティチェリ展』です

↓↓↓

blog_import_6442b334b2134.jpg

本展は

イタリア・ルネサンス期を代表する画家

サンドロ・ボッティチェリ(1444/45-1510)

日本初の本格的な回顧展です

いやあ

今さら語るまでもないですよね

ボッティチェリといえば

なんと言っても

《ヴィーナスの誕生》(1483)

↓↓↓

blog_import_6442b3375e6aa.jpg

《春プリマヴェーラ(1477/78)

↓↓↓

blog_import_6442b339caa9e.jpg

などが有名ですね

僕もその昔

新婚旅行でイタリアに行った際に

フィレンツェのウフィツィ美術館で

これらの作品を直接目にして

とても感動したのを覚えています

今回は

日伊国交樹立150周年を記念しての

特別企画ということで

門外不出と言われる

ボッティチェリの作品(工房も含む)

20点をはじめ

同時代の作品80数点がズラリ勢揃い

これはもう

またとない機会

とにかく感激ですね

ボッティチェリは

彼が過ごしたルネサンス期の

イタリア、フィレンツェにおいて

当時、絶大なる権勢を誇った

メディチ家による庇護の下で

思うままに描いた美しい神話画から

15世紀後半にメディチ家が

失脚・追放された後

今度は宗教家である

サヴォナローラの影響を受け

一転して宗教画や肖像画を

描いていった経緯に至るまで

この稀代の画家の

内面の変化が

当時の他の画家たち同様

支配者であった貴族や宗教家による

政治的な関係性の中で

否応なく辿られ

そうして自ずと作風やテーマに

大きく影響を及ぼしていく

そんな過程を今回

如実に垣間見ることができて

とても面白かったですね

本展最大の目玉である

《聖母子(書物の聖母)(1482/83)

↓↓↓

blog_import_6442b33c6ff99.jpg

また肖像画の傑作

《美しきシモネッタの肖像》(1480/85)

↓↓↓

blog_import_6442b33f083b0.jpg

右端手前に描かれたのがボッティチェリ自身

《ラーマ家の東方三博士の礼拝》(1475/76)

↓↓↓

blog_import_6442b341889a5.jpg

幻想的な1枚

《オリーブ園の祈り》

↓↓↓

blog_import_6442b34499482.jpg

様々な感情が一場面の中に混在した

《誹謗》

↓↓↓

blog_import_6442b3456c4b0.jpg

などなど

う~ん

線の詩人と称されたボッティチェリの

その驚くほど精緻な画風と

豊かな色彩感覚に彩られた

宗教画、肖像画の数々

さらに今回

ボッティチェリの師匠である

フィリッポ・リッピの作品や

また

ボッティチェリのライバルでもあった

フィリッポの息子フィリッピーノ・リッピ

(名前が紛らわしい…)

の作品群も数多く展示

この親子もすご

フィリッピーノ

《幼児キリストを礼拝する聖母》

↓↓↓

blog_import_6442b3487ae3b.jpg

二作で対をなす

《受胎告知の天使ガブリエル》

↓↓↓

blog_import_6442b34b98e5f.jpg

《受胎告知の聖母マリア》

↓↓↓

blog_import_6442b34ed0d02.jpg

とまあ

この時代の作品の

信じがたいほどの緻密さ

漂う宗教性、迫真力を

盛り立ててあまりある

その

額縁の存在感たるや

もうそれだけで圧倒されますね

というわけで

いやあ

お腹いっぱいです

興奮しますね

知識などなくても

その展示された作品群の

圧倒的な迫力と崇高な佇まいに触れるだけで

感じるところが多いはず

こんな機会はめったにありませんよ

本展は4/3()まで開催予定です

合間をぬってでも是非

最後に

本展の出口にて

こちらは写真OK

ボッティチェリのパネルと

↓↓↓

blog_import_6442b351aadf8.jpg

《聖母子》のレプリカ

↓↓↓