『印象派への旅 海運王の夢』

ただいま

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにて

開催中です

『印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション』

↓↓↓

blog_import_6442fc8e90cd1.jpg

英国スコットランドの海港都市

グラスゴー出身の海運王

ウィリアム・バレル(18611958)

↓↓↓

blog_import_6442fc8ee91ae.jpg

(写真は45歳頃)

彼が若い頃から収集し築き上げた

9,000点にも及ぶ

膨大な作品群の寄贈先である

グラスゴー市の美術館

「バレル・コレクション」より

この度

西洋近代絵画73点を含む

80点が来日

いやあ

なかなか観ることのできない

逸品が揃いましたね

ということで

メインどころを

以下、ザザッとご紹介

◎フィンセント・ファン・ゴッホ

《アレクサンダー・リードの肖像》(1887)

↓↓↓

blog_import_6442fc9072792.jpg

リードはグラスゴー出身の画商で

バレルの主な作品の購入先でした

ゴッホ特有の強烈な筆致です

◎アンリ・ファンタン=ラトゥール

《春の花》(1878)

↓↓↓

blog_import_6442fc90e8ccd.jpg

印象派の波が押し寄せる時代の中で

完璧な写実主義を貫いた

ファンタン=ラトゥールの渋い色調の花

◎エドゥアール・マネ

《シャンパングラスのバラ》(1882)

↓↓↓

blog_import_6442fc914644f.jpg

マネ特有の洗練

静謐な空間にひときわ映える黄色いバラ

◎エドガー・ドガ

《リハーサル》(1874)

↓↓↓

blog_import_6442fc9197efb.jpg

今回初来日を果たした

本展一番の注目作品

バレリーナばかりを描いたドガによる

言わずと知れた傑作です

◎ポール・セザンヌ

《倒れた果物かご》(1877)

↓↓↓