映画『ビフォア・ザ・レイン』

昔、新宿の映画館で観て

感動した覚えがあるのに

いやはや

すっかり忘れていましたね

Amazonプライムで

久々に観る機会を得て

当時の記憶がにわかに蘇ってきました

1994年製作

マケドニア、フランス、イギリス合作の

『ビフォア・ザ・レイン』

↓↓↓

IMG_6630.jpeg

監督・脚本は

ミルチョ・マンチェフスキー(1959-)

↓↓↓

IMG_6641.jpeg

本作は

マケドニア→ロンドン→マケドニア

を舞台とした

3つのパートから成る寓話で

特筆すべきは

それぞれのエピソードが

複雑に絡み合い

メビウスの輪のように

ねじれた円環構造を有している点

これが面白い

↓↓↓

IMG_6635.jpeg

第1部「言葉」

第2部「顔」

第3部「写真」

ここで描かれるのは

旧ユーゴのひとつ

マケドニアにおける

民族紛争や宗教対立がもたらす悲劇の連鎖です

↓↓↓

IMG_6632.jpeg

沈黙の修行に励む

感受性豊かな修道僧キリルと

↓↓↓

IMG_6804.jpeg

彼の元に逃げ込み

つかの間の交流をはかるも

やがて銃弾に倒れる

アルバニア人の少女ザミラ

↓↓↓

IMG_6800.jpeg

ロンドンの雑誌社に勤めるアン