映画『情婦マノン』

Amazonプライムで

古いモノクロの映画が

どんどん入ってきて

つい観ちゃうなぁ

ということで

1949年のフランス映画

『情婦マノン』

↓↓↓

IMG_9933.jpeg

監督は

サスペンスやフィルムノワールの

名手として名高い

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー(1907-1977)

↓↓↓

IMG_9921.jpeg

本作は

アべ・プレヴォーによる

1731年の小説『マノン・レスコー』を

現代の物語に翻案したもので

戦中戦後の時代を舞台に

男女の逃避行と破滅を鮮烈に描いた

人間ドラマの力作です

↓↓↓

IMG_9976.jpeg

第二次世界大戦後

ユダヤ人の一団を乗せ

イスラエルへと向う貨物船から

若い男女の密航者が見つかる

↓↓↓

IMG_9980.jpeg

この2人

ロべ-ルとマノンは

ここへ来るまでの長い過去を

船長に語って聞かせる…

↓↓↓

IMG_9927.jpeg

レジスタンス運動の最中に

ふとしたきっかけで2人は出会い

たちまち恋に落ちるも

戦後

実直な結婚生活を求めるロベールに対し

マノンは贅沢な生活に憧れ

娼婦もいとわない

↓↓↓

IMG_9981.jpeg

そんな2人のもつれから

ロベールは殺人を犯し

逃亡の身となってしまった、と

話を聞いた船長は

警察に通報せず

ユダヤ人たちの船に乗せて

2人を見逃してあげる

…が

う〜ん

なんといっても

ラストの展開が強烈です

ユダヤ人一行は

パレスチナの海岸に上陸するも

車の燃料が切れ

やむなく砂漠を

歩いていくことになる

照りつける太陽のもと

枯渇していく身を引きずりながら

砂漠を進む道中

突如、アラブ人部隊の襲撃に遭い

一行は全滅

マノンも被弾して死んでしまう

よくよく

イスラエル建国がもたらす

パレスチナ紛争の根の深さが

アラブ人の襲撃という形で表されます

↓↓↓

IMG_9979.jpeg

ロベールは

マノンの遺体を抱え、引きずり

↓↓↓