映画『終身犯』

1962年製作のアメリカ映画

『終身犯』

↓↓↓

IMG_0076.jpeg

監督は

硬派なドラマ作りに冴えを見せる

ジョン・フランケンハイマー(1930-2002)

↓↓↓

IMG_0112.jpeg

終身刑を宣告された囚人でありながら

獄中で鳥の研究を続け

やがて鳥類学の世界的権威となる

実在の人物

ロバート・ストラウドの半生を

バート・ランカスター主演で映画化

↓↓↓

IMG_0077.jpeg

殺人の罪で

独房生活を余儀なくされていたストラウドは

ある日

一羽のヒナを見つけ

ふと

何気なく餌付けをしていくうちに

次第に鳥への興味が湧いていき

これをきっかけに

刑務所内で

独学で鳥の研究と飼育を重ね

やがて鳥類学の権威として

世間の注目を浴びるようになる…

↓↓↓

IMG_0081.jpeg

映画は

刑務所という限定された空間を主な舞台に

終身刑を言い渡され

人生に絶望していたひとりの囚人が

一羽のヒナと出会うことで

やがてそこに

生きる希望を見出し

人生を肯定的に捉えていく様を

終始

淡々としたテンポながら

その実

力強くスリリングに描いていきます

ここらへんは

どこか

『ショーシャンクの空に』を彷彿させますね

↓↓↓

IMG_0083.jpeg

つくづく

終身犯が

長い年月の間

鳥と真摯に向き合い

鳥の研究にひたすら没頭する姿に迫った

このミニマムな演出が

う〜ん

自ずと観る者に

静かな感動をもたらしますね

↓↓↓