『ゴッホ展』

先日

予定の合間を縫って

ここ上野の森美術館にて開催中の

↓↓↓

blog_import_6443039a93ae0.jpg

『ゴッホ展』を鑑賞

↓↓↓

blog_import_6443039b040ac.jpg

いやあ

ゴッホが来たら

これは何はさておいても

観ないわけにはいきませんよね

あらためて

強烈な色彩と荒々しいタッチが魅力の

不世出の画家

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)

こちらは今回展示の一作

ゴッホにしては珍しい

イラストのように軽やかな油彩の自画像です

◎《パイプと麦藁帽子の自画像》(1887)

↓↓↓

blog_import_6443039c7da9d.jpg

37年という短い生涯の中で

画家として活動したのは

わずか10年に過ぎず

本展は

その10年の間

ゴッホが

独自のスタイルを確立する過程において

決定的に影響を受けた

オランダハーグ派と印象派を取り上げ

他の画家たちも合わせて紹介することで

ゴッホが生きた時代の息吹を

複合的に感じとる構成となっています

今回

ゴッホの作品はおよそ40点が集結

ということで

以下、年代順に

ゴッホの主要作品群ほかを

ザザッとご紹介

ファン・ゴッホ

◎《疲れ果てて》(1881)

↓↓↓