スーティンの異世界

数年前

ニューヨークに行った際に

メトロポリタン美術館で観ました

スーティンの

◎《カーニュの眺め》(1924)

↓↓↓

blog_import_64431e12cd2be.jpg

あらためて

ベラルーシ出身のユダヤ系ロシア人で

主には1920年代にパリで活躍した

いわゆる「エコール・ド・パリ」

を代表する画家

シャイム・スーティン(1893-1943)

↓↓↓

blog_import_64431e1410e1c.jpg

いやあ

今さらながら

僕の大好きな画家です

スーティンは

パリという異国の地で

過酷な生活環境の中

モディリアーニほか

各国から集まった芸術家たちと

切磋琢磨しながら画業に励み

そうした中で

とりわけ自身の内面

その不安定な精神状態を顕在化したかのような

激しい筆致と極端にデフォルメされた造形で

独自の表現主義的なスタイルを確立

やがてアメリカの著名な画商バーンズに見出され

名声を獲得し

金銭的にも裕福な生活を送るようになります

しかしそう長くは続かず

1930年代前半以降

作品数も減り

徐々に生活が厳しくなっていきます

スーティンが1930年代後半の一時期

一緒に住んでいた女性

ゲルダ・ミハエリスの回想録に

スーティンとの私生活の一端が垣間見れて

大変興味深いですね

『スーチンーその愛と死』

↓↓↓

IMG_9499.jpeg

本書にも詳細に記されていますが

1940年のドイツのフランス侵攻によって

当時

パリに住んでいたスーティンは

ユダヤ人であることから

ゲシュタポの弾圧を逃れて

フランス中部の村々を転々とし

やがてゲルダとも

離れ離れになってしまいます

そうした不安定な暮らしの中で

持病である胃潰瘍が再発

ついぞ好転しないまま

1943年に穿孔性潰瘍のため

50歳でこの世を去ります

う〜ん

つくづく

過酷な運命に翻弄された

波瀾万丈の人生だったのかなと思います

そんなこんな

一度観たら忘れられない

強烈無二な画風を誇る異才

スーティンの絵を

僕も度々目にしていますが

国内でまとまって展示される機会は

なかなかありませんね

ということで

その特異な世界観に彩られた作品群を

以下に列挙

こちらもメトロポリタン美術館で鑑賞

◎《マドレーヌ・カスタン》(1929)

↓↓↓

blog_import_64431e1580d1a.jpg

その複雑な内面が窺い知れる表情

こちらは

ひろしま美術館に所属されています

◎《椅子に寄る女》(1919)

↓↓↓

blog_import_64431e170b5d9.jpg

曲がった口

歪んだ表情

その人の本質が炙り出されんばかりです

国立西洋美術館所蔵

◎《狂女》(1920)

↓↓↓