映画『尼僧ヨアンナ』

1961年のポーランド映画

『尼僧ヨアンナ』

↓↓↓

IMG_5202.jpeg

監督は鬼才

イェジー・カヴァレロヴィチ(1922-2007)

↓↓↓

IMG_5198.jpeg

1950年代中頃から60年代前半にかけて

当時のポーランドにおいて

政府が推奨する社会主義リアリズムに異を唱え

自由で斬新な表現に満ちた映画を

果敢に製作する動きが起こります

この潮流を担った映画作家たちは

“ポーランド派”と呼称され

一時期、世界の映画シーンをリードする勢いを有していました

カヴァレロヴィチは

そんなポーランド派の中核的存在として

精力的に秀作を発表

とりわけ

本作は

彼の映画作家としての真価が発揮された

まぎれもない代表作です

ポーランド寒村の尼僧院

↓↓↓

IMG_5191.jpeg

悪魔に憑かれた尼僧たちを祓うため

この地へやってきたスーリン神父の前に

↓↓↓

IMG_5190.jpeg

尼僧長ヨアンナが

おもむろに姿を現わす

自分にはハつの悪魔が取り憑いていると告げ

すぐさま

彼女の表情と声が一変

悪魔に憑依されたような言動を見せる

↓↓↓

IMG_5183.jpeg

庭では

大勢の尼僧たちが

狂乱状態で踊っていた…

↓↓↓

IMG_5196.jpeg

時と場所が定かでない

この最果ての地の

閉ざされた空間で繰り広げられる

一種異様な世界

映画は

悪魔に憑かれた尼僧ヨアンナと

悪魔祓い師の神父スーリンとの

愛憎に満ちた確執を軸に

信仰と人間的本性の対立

その精神的危機の有り様を

様式美に貫かれた画面構成による

張り詰めた空気感

神秘的なムードを漂わせながら

シンボリックに描いていきます

↓↓↓