ベトナム戦争映画傑作選

ふと

つくづく

僕が高校生だった頃

1980年代後半のあたりは

ベトナム戦争の映画が

もう花盛りで

ちょっとしたブームでしたね

懐かしいなぁ

ということで

今回は

ベトナム戦争を題材にした映画を

思うままに

ピックアップしていきたいと思います

◎『プラトーン』(1986)

↓↓↓

IMG_0400.jpeg

以後、続々と生まれる

ベトナム戦争映画の火付け役になった

オリバー・ストーンの出世作です

主人公クリスのモノローグ

「…善悪のケジメもつかない

士気は低く

仲間割れしてる

両派の勢力は半々だ

疑惑と憎悪が渦巻き

誰と戦ってるのか分からない…」

仲間内である

エリアスとバーンズの確執

本質的で決定的な

二人の対立

↓↓↓

IMG_0424.jpeg

戦争の是非に揺れ続けた

アメリカの苦悩が

劇中のこの

互いに相容れぬ二人の価値観の衝突を通して

象徴的に映し出されます

自身、従軍経験があるストーン監督は

自軍の小隊(=プラトーン)の中に

ベトナム戦争の真実を

その先にある

アメリカの敗北を垣間見ます

↓↓↓

IMG_0398.jpeg

◎『7月4日に生まれて』(1989)

↓↓↓

IMG_0397.jpeg

『プラトーン』に続き

オリバー・ストーンがベトナム戦争を

真正面から描いた力作

半身不随となったベトナム帰還兵の青年ロンが

様々な苦悩と葛藤を経て

反戦運動に身を投じてゆく姿を描いた実話の映画化で

トム・クルーズの熱演が話題となりましたが

う〜ん

本作の印象としてはドラマ仕立てが過ぎて

話のポイントも

ちょっと散漫しているように思います

しかし特筆すべきは

帰還後、自堕落な生活を送るロンが気晴らしにメキシコへとわたり

同じ半身不随の帰還兵から厳しい言葉をかけられ

自分を取り戻すきっかけを得るシーンがあるのですが

演じるウィレム・デフォーの存在感と相まって

観る者に強烈なインパクトをもたらします

ここのパートをベトナム戦争の本質と定めて

もっと深掘りして描いていけば

よりフォーカスが絞られて

面白くなったのになぁ

なんて

つい思っちゃいました

↓↓↓

IMG_0426.jpeg

◎『ハンバーガー・ヒル』(1987)

↓↓↓